my little apartement

パリ風おしゃれなセルフリノベーションとインテリア、ガーデニングのヒントあれこれ

作り置きまでできないけど

この記事をシェアする

bonjour!

わたしニケ。

くろねこよ。

 

丁寧に暮らしてるひとは作り置きしてるの。

でもママンは丁寧じゃないしズボラだから

やれる範囲で丁寧を目指してるの。

作り置きまでできない、でもできる範囲って?

 

 

 

 

皮を剥くだけ 

f:id:isyuris:20180813184720j:plain

たまねぎは買ってきたらすぐ剥いて冷蔵庫保存。

でも剥いておくだけでもお料理作る時に楽チンなのよ。

 

 

料理で面倒なことは 

料理の何が手間がかかるかって

野菜を切ったり洗ったりの下ごしらえなのね。

スーパーで売ってるカット野菜を

休日に家で作ってしまえば

平日はすぐに調理に取り掛かれて

時短になるの。

 

 

切って冷凍 

f:id:isyuris:20180817145301j:plain

にんじんはそれぞれ

みじん切り、せん切り、乱切り にして

生のままジッパーに入れて冷凍。

にんじんのほか

セロリやごぼうも切って冷凍にしてるの。

料理に使う時は冷凍のまま

炒めたり炊いたりできるの。

 

 

葉物野菜は洗って

レタスなんかは洗って1枚ずつばらしてジッパーに袋詰め

1玉で週末まで毎朝シャキシャキレタスがたべれるの。

写真がないのは今レタスがお高いからよ。

この夏はお野菜の値段が高騰して辛いわ。

 

 

ずぼらなママンがやれるのはここまで。

ほんの少しのことだけど

キッチンにむかう気が楽になるのよ。

フードロスも減って節約にもなるの。

もうみんな実践してるかもしれないけどね。

 

 

断捨離から気づいた作り置きができないわけ 

丁寧な暮らしに憧れて

作り置きのレシピ本だとか買いまくってたママンだけど

作ったためしがなく、レシピ本は部屋のかたすみで埃をかぶってたの。

 

憧れだけで現実は

仕事で疲弊して

休みの日は最低限の家事さえ気が重く

たくさんの埃をかぶったレシピ本の収納に頭を悩ませ・・・。

 

レシピ本を開いて料理を作り置こうなんて

とてもそんな気持ちになれなかったのよ。

そして、今週も作れなかった~って

自己嫌悪に陥って・・・。

 

レシピ本と一緒にそんな自分も断捨離して、

ようやく自分のできる範囲で、

自分がやりやすい、ここちいいと思える範囲でできるようになって、

いえ、やろうと思えるようになったの。

 

f:id:isyuris:20180819094300j:plain

残したレシピ本はこの3冊
 

これもみんな断捨離から心の問題に気づいたから。

今も完璧とはとうてい言えないけど、

休日ごとにできなかった~って、

落ち込むことはなくなったの。

こころが軽くなったのよ。

部屋がきれいになる以上に

こころが軽くなるのが断捨離のいいところよね。

 

ねこのわたしは体重を軽くしなきゃいけないけどね。