my little apartement

パリ風おしゃれなセルフリノベーションとインテリア、ガーデニングのヒントあれこれ

今年はニトリのNウォームに期待

この記事をシェアする

bonjour!

わたしニケ。

くろねこなの。

ママンはね

とっても寒がり。

私も寒がり。

わたしはねこだから寒がりだけど最高の毛皮を着てるからいいの。

でもママンはにんげんだから

最高の毛皮とはいかないけど

今年はニトリのNウォームに期待

してるの。

 

 

Nウォームの掛け布団

ママンは知らなかったらしいけど

Nウォームに掛け布団があったのね。


ママンのベッドは真夏はリネンのカバー1枚。
ちょうど布団を買い換えようとしてた時でこれと出会ったの。

ちょっと寒くなるとベッドカバー。

もうちょっと寒くなると毛布。

もっと寒くなると布団。

というふうに、布団が必要になる時期はとても寒い時期だけなの。

それにあまりにも温かすぎると眠りが浅くなるのね。

だからママンは寝る時は薄着よ。

体を締め付けないナイトガウンを愛用してるの。

もこもこのパジャマなんてぐっすり眠れないわ。

そんなわけで寒さ調節は寝具でしてるの。

 

カバーがいらない

f:id:isyuris:20181108160908j:plain

この掛け布団はそのまま使えるのがいいの。

布団カバーがいらないの。

ママンはベッドカバーを使ってるから布団カバーする意味なかったのよ。

布団カバーはやっかいで冬場は洗濯しても乾きにくくて

なによりつけたりはずしたりが大仕事。

この手間がいらないってのがママンは大助かりなの。

おかげで布団カバーも断捨離できて寝具類の収納もすっきりしたわ。

 

丸洗いできる掛け布団

カバーが無くてもこれは

そのまま使えて丸洗いできる掛け布団なのね。

自宅で布団が洗える時代なのよ。

 

 

暖房費を節約 

電気代は冷房より暖房の方がかかるから

あたたかい布団なら暖房費が節約できないかとママンは期待してるの。

あと前にも書いたけど

この古い団地は断熱材が入ってないの。

ママンの寝室は南側でまだ暖かい方だけど

それでも真冬の夜は冷え込むのよね。

今年の夏の暑さを考えても

やっぱりここは断熱材を入れようかとママンは考えてるわ。

ママンの寝室の壁は外壁に面してて外の温度に影響されやすいの。

団地のいいところでもある

各戸角部屋になってる構造が仇になってるのね。

断熱材のスタイロフォームは安価だし

それに暖房器具を買うよりランニングコストがかからないわ。

暖房器具を買ったとして、夏場に収納しておくスペースがもったいないし

なによりモノが増えるのは避けたいからね。

断熱材のDIYはまた記事にするわね。

 

もうすぐ冬ね。 

わたしはねこだから

こたつで丸くなれたらそれでいいの。