my little apartement

パリ風おしゃれなセルフリノベーションとインテリア、ガーデニングのヒントあれこれ

セルフリノベーション記録4/床のDIYとキッチンキャビネットでパリのアパルトマンが完成~

この記事をシェアする

bonjour!

わたしニケ。

くろねこよ。

きょうはママンが古い団地をパリのアパルトマンに

リノベーションするまでの4回目よ。

 

セルフリノベーション記録4/床のDIYとキッチンキャビネットでパリのアパルトマンが完成

 

 

 

床のDIY 

プロにお願いした間取りの変更が終わって

セルフでDIYしたのは壁の仕上げと床のクッションフロア張りなんだけど

前回は壁のことだったから、今回は床ね。

でもこれも残念ながら当時の写真がないの。

なので、なぜクッションフロアにしたのかってこと説明するわ。

ふふふ それはね

簡単でリーズナボーだからよ。

ママンは単純なの。

クッションフロアでクッションっていうくらいだから

やわらかいってことも選んだ理由ね。

 

https://www.instagram.com/p/BYMgAIohOy0/

 

ダイニングキッチンはモルタル風のクッションフロア。

でたわね。

ママンのモルタル好きが。

いくら好きでもマンションでモルタル床は規約上無理なの。

クッションフロアなら規約上は問題ないしね。

防音対策に気を使ったのよ。

 

 

https://www.instagram.com/p/BGp4KprMcIx/

リビングの床はアンティークパイン風のクッションフロア

これもフローリングなら規約上ちゃんと防音のものでないと無理なので

クッションフロアなら問題無しってこと。

でもね

5年以上たってやっぱり本物じゃないからか

飽きてくるというか、当時とても気に入ってDIYしたのに

色あせて見えるの。

ダイニングキッチンはしょうがないとして

リビングはクッションフロアを撤去するつもり。

どんな風になるかはまた近いうち記事にするわね。

 

ここは5年たっても気に入ってるの。

https://www.instagram.com/p/BEHxfbMscK7/

玄関よ。

これはモロッコタイル風のクッションフロア。

掃除がしやすいってのがいいの。

本物のタイルじゃないから目地にゴミが入ってしまうこともないし

ここでちいにいにをお出迎えしてるのよ。

 

にいにたちの個室もクッションフロアよ。

狭いし家具でほとんど見えないわ。

https://www.instagram.com/p/8hmtfwscNq/

おっきいにいにの部屋

おっきいにいにはアンティークとか好きじゃないから

市松模様で懐かしモダンな感じね。

 

玄関や個室は面積が小さいから

大胆な柄のクッションフロアを使うことができたの。

ママンたら遊んじゃって

これもDIYならではね。

 

 IKEAのキッチンキャビネットを取り付け

ママンお気に入りのキッチンキャビネット 

f:id:isyuris:20180915214631j:plain

 ここはIKEAのキッチンキャビネットを取り付けたの。

間取りを変更する段階からプランに落とし込んでいたのね。

キャビネットに合わせて壁を作ってあるわけ。

寸法はもちろん、キャビネットを取り付けられるよう

壁にしっかりした下地をいれてあるの。

 

f:id:isyuris:20180915214709j:plain

カウンターと下の引き出しもIKEA。

いずれも食器が収納されてるわ。

これでも断捨離して数は減ったけどね。

 

 

こだわりのディテール

f:id:isyuris:20180915220407j:plain

ママンの一番お気に入り

インディアンキッチンとフランスアンティークのスイッチ

キッチンはママンが一番こだわった場所なのね。

パリのキッチンよ。

 

セルフリノベーション記録はこれで一区切りかしら。

でもママンはこんな風に記事にするうちに

またいろいろ触りたくなったみたい。

それに断捨離をしてすっきりさせたしね。

ずっとセルフリノベーションは続くのよ。

生活も変わっていき

その時々のベストになるよう

暮らしの質をアップデートしていく作業なの。

ママンはセルフリノベーションを趣味で楽しんでやってるから

いいんじゃないかしら。

そんなアップデートの様子もしっかり記事にするわね。

 

最後まで読んでくれてありがとう。